フィリピン留学は他国と比較して本当に安いのか
2017.05.23

本「語学留学を検討しているけれど、予算に不安がある」という人に人気なのが、アジア圏への語学留学です。特に、フィリピン留学は高い人気を集めています。英語を公用語とするフィリピンへの留学は、ヨーロッパやアメリカへの留学よりも費用を安価に抑えながら、しっかりとした英語力を鍛えることができるのです。実際、フィリピン留学にかかるおおまかな費用は、他国に比べどの程度違うのでしょうか?
まずは学費です。アメリカやイギリス、カナダ、オーストラリアなど、語学留学で人気の各国は、年間でおよそ100万円前後の学費がかかります。もちろん学校によって差があるものの、私立学校の場合には、150万円ほどかかる場合もあります。これにプラスして、滞在費や光熱費・生活費が発生します。ホームステイを利用する場合、滞在費だけで月々3~5万円かかります。光熱費・食費・交通費などの生活費も同じくらいと計算しても、月におよそ10万円の固定費が発生します。年間では120万円。学費と合算すると、年間で200~300万円の費用が発生します。
フィリピン留学では、学校側が寮やコンドミニアムを提案し、学費と合算して料金を提示していることが一般的です。ひと月あたりの学費と滞在費を合算した費用の目安は10~15万円程度。年間で計算しても、学費と滞在費をあわせて100~180万円程度で事足りてしまいます。他国に比べ、およそ半額程度の料金で納めることができるのです。これだけでも、フィリピン留学が人気を集めている理由が分かるのではないでしょうか。
物価の安いフィリピンでは、外食1回でおよそ200円~500円、洋服1着100円、タクシーの初乗り運賃も100円ほどと日本に比べとてもリーズナブル。食費や交通費など、もろもろを含めても、1週間1万円程度で生活できてしまいます。その上、多くの場合学校側が提示してくれる滞在施設には、毎日の食事がついています。節約したいのなら、お小遣いとして月に2万円程度の余裕を持っておくだけでも十分かもしれませんね。
最後に、フィリピンと日本と往復する航空券の代金です。利用する航空会社によっても大きく違いますが、片道2万円~3万5000円程度が相場です。往復で6万円の旅費があれば、フィリピンへ渡ること、そして帰国することができるでしょう。こうして見ると、フィリピン留学が他国に比べて安く、試しやすいと言われている理由が分かるのではないでしょうか。限られた予算で留学を検討しているときには、参考にしてくださいね。

▲ ページトップへ