語学留学の目安となる滞在時間
2017.05.23

金髪の学生語学留学を検討している人にとって、まず決定しなければいけない大切なポイントと言えば「どのくらいの期間、留学すべきか?」ということではないでしょうか。現地に滞在できる時間によって、経験できることが変われば、身につく語学力にも差が出てしまいます。
語学力を鍛えるために必要な時間数については、さまざまな説があります。例えば、最低限のコミュニケーションに問題がないレベルならば、300時間程度の勉強で問題がないという主張があります。日数で換算すると、12日半。つまり、2週間程度の留学でも、ある程度のコミュニケーションをとるようになれるという計算です。語学留学は、留学先の学校にもよりますが、多くの場合1週間という短い期間からはじめることができます。時間や金銭が限られている人でも、語学留学に行くことは決して難しいことではないのです。
とは言えしっかり学習し、レベルの高い語学力を身に着けたいのであれば、できるだけ長い時間日常的に英語が使える環境に身を置くことが大切です。語学留学中も、当然ながらすべての時間を勉強に当てられるわけではありません。睡眠時間など、語学から切り離されたプライベートな時間も必要なため、滞在時間が短くなればなるほど限られた時間の中で能動的に学習する必要があります。一般的に、語学力を十分に身につけたいのなら、留学期間の目安は1年程度とされています。留学によって十分な語学力を身につけるためには、もともとの理解度が大きく関係しますが、1年という長期滞在であれば理解度に自信がない人でも大幅なレベルアップが望めます。
一方で、留学の期間が長くなればなるほど深刻な問題として浮かび上がるのが「費用」の問題です。語学留学中は、宿泊費、食費、交通費などの生活費が絶えず発生します。「はじめての留学で、どのような生活を送るか分からない」「お金に余裕がなく、不安」という場合には、物価が安い国を選びましょう。日本人の語学留学先として人気なのが「フィリピン」です。フィリピンと言えば、東南アジアの島国。日本からはおよそ4時間半程度でアクセスでき、時差も1時間程度です。なによりの魅力は、物価の安さ。フィリピンの物価は日本のおよそ5分の1程度と言われており、金銭面で限りがある人も生活しやすいのです。短い時間で集中的に学習したい人はもちろん、しっかり時間を費やして語学力向上を目指したいという人も、フィリピン留学を検討してみてはいかがでしょうか。

▲ ページトップへ